「2048」というゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

「2048」

これは、最近Web上で騒がれているゲームアプリになります。

game2048

このゲームの特徴ですが・・・

(1)操作がスワイプのみで簡単

(2)同じ数字のマス目が隣接した際に、その合計値のマス目に計算統合される。

(3)最終的に「2048」の数字を持つマス目を作成できればクリア

という、極めて「簡単」かつ「明快」、それでいて「面白くてハマってしまう」というゲームアプリになります。(私の私見かもしれませんが・・)

 

しかし、このゲームには物言いが生じています。

 

ことの経緯は、このようになっているようです。

(経緯1)
作者Aにより「Threes!」というパズルゲームが開発され、有料アプリ(販売価格¥200)として公式公開される。

(経緯2)
しかし、作者Bがこの「Threes!」を真似て(もしくは近似した内容で)「2048」を開発し、これまた公式公開する。しかも、広告付きではあるが、無料で公開している。 ※補足すると、「2048」は「Threes!」のゲームエキス的部分を、作者Bがアレンジした開発した内容になっているようです。

(経緯3)
さらに、作者BがGitHubに「2048」のソースコードを公開したため、アプリ市場に「2048」の模倣アプリが蔓延し、経緯1で記載の「Threes!」がその模倣アプリの中に埋もれる事態になっている。

(経緯4)
そして、最もWeb上で騒がれているのが、この「2048」が、あの任天堂が携帯ゲーム機「3DS」用ソフトとして商品化し今月より販売を開始したことである。(ちなみに、販売価格は¥300)

 

私は、このニュースを、初めて知った時、「ソフトウェア業界、何だかおかしくなってるな・・」と思わずにはいられませんでした。

(1)
作者Aのソフトウェア著作権はどこに消えたのか?

(2)
任天堂は、作者Bからアイデアを買い取ることになるのか? (作者Aの立場は?)

(3)
そもそも、ことの経緯を知りながら、任天堂がこのような販売を行うとは・・・どうなんだろうか? 
なお、任天堂社から「法律的に問題ないことを確認した上で販売決定した」というコメントが出ているようです。

(4)
今後、世の中に発表されるアプリに関しても、このような模倣(パクリ)が合法として市場に認めらてしまうのか?

 

さて、皆様はどう思われますか?