日本科学未来館に行ってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の連休のことになりますが、遅めの夏休みをとり、家族と東京旅行に行ってきました。

メインのお目当ては、池袋のサンシャインシティビル内に「ナムコ・ナンジャタウン」となっておりました。

そして、私の話は旅行後半のものになります。

子供たちにとって、初めての「ゆりかもめ」に乗り、「船の科学館」で降りて、歩くこと約5分・・・

mirai1_gaikan

第2のお目当てである、「日本科学未来館」に到着しました。
※どうですか皆さん? 未来を感じさせてくれるようなデザインの建物でしょう。

実は、私の家族みんなですが、科学館好きなんです。
だからといって、科学が得意というわけではありませんが・・・(^^;

 

今回は、その科学館レポートとして、私が感動した3点を記載させていただきます。

 

(1)対サイバー攻撃アラートシステム「ダイダロス」

よく、映画やドラマのシーンに登場するようなサイバー攻撃防御システムのデモパネル(大型液晶パネル)が展示されていました。大画面で、サイバーパトロールを行っている状態をデモ表示していたのですが、私個人とては魅了させられました。現在、自分が接しているIT環境から、想像することが出来ないセキュリティ対策システムの存在にただただ見入ってしまいました。

mirai2_daedalus

mirai1_daedalus_setu

本当に、こんなシステムが実在していたんだ~。しかも、日本製で・・・

 

(2)人型ロボット「コドモロイド」と「オトナロイド」

こちらも凄い衝撃を受けました。

子供型の人間ロボットが「コドモロイド」、大人型の人間ロボットを「オトナロイド」と呼称されていました。

こちらが「オトナロイド」です。

mirai3_otona

どうですか、普通の大人女性がソファーに座っているようにしか見えないでしょう。この「オトナロイド」ですが、時折表情を変えるんです。まばたきしたり、首を傾げたり、うなづいたり、そしてその全ての挙動が人間とそっくりなんです。もはや、声以外は普通の人でした。

そして、こちらが「コドモロイド」です。

mirai4_kodomo

上の写真は、「コドモロイド」がニュースキャスタに扮して、子供ニュースを読み上げているところになります。

そして、下の写真がそのニュースを専用スタジオで読み上げている最中の「コドモロイド」になります。
(下のスタジオで撮影したニュース動画を、上の写真のテレビ画面で表示しているわけです)

mirai4_kodomo_studio

実際、目の前で「コドモロイド」がニュースを読み上げているスタジオを見るとびっくりします。
こちらも、顔の表情を作りながら、本物の人間さながらにニュースを読み上げる姿には大変感動しました。

(3)お馴染みホンダの「ASIMO」くん

最後は、皆様お馴染みのホンダの「ASIMO」くんを生で見ることができました。
※写真は、残念なことにピンボケしてしまいました。

mirai5_asimo

登場口から、ゆっくり歩いて観客前に出てきたかと思えば、可能な限りの速度で全力走行したり、見事な振り付けで踊ったり、本当に感動させられました。なかでも、最後に披露してくれた手話をみて、思わず感動し泣きそうになりました。本当に見事な、手話でした。

「どうせ、プログラム指示されたとおりに手話してるだけだろ!」と言われたい方もいると思います。最初、私もそう思いながら見ていたのですが、「ASIMO」くんの手話を演じる姿から、人に対する優しさを感じとれるようになり、次第に「この手話は、プログラム指示だけで表現できるものでない。本当に、ロボットが手話で人と会話をすることが出来る未来が、そこにあるんだ・・」と思った瞬間に、感動し泣きそうになった次第です。

その他にも、「日本の科学の未来は・・・」と感じ、考えさせるような展示がたくさんありました。

私たち家族は、東京旅行の最後の日の時間すべてを、この日本科学未来館に使ってしまった次第です。
(それでも、全て見尽くすことはできませんでしたが・・・悔しいですね)

是非、皆様にもお勧めします。 日本科学未来館で、「科学の未来」に触れることは楽しいですよ。

 

<番外編>

日本科学未来館にて、家族で昼食をとった際に食べたメニューになります。

mirai9_wakusei

「惑星カレー」になります。 真ん中が地球、外周にポツンとあるのが月になるみたいです。

そして、この月ですが・・・小さいオムライスだったんですよ。(プチ感動でした)