今年の夏休みの工作・・・ラズベリー・パイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、子供に頼まれ、夏休みの工作部品の買い物のために近所の電子パーツ店に連れて行くことになりました。

こちらがいつもお世話になっている近所の電子パーツ店です。

marutsuparts

そして、子どもがお目当ての電子部品を物色している際に、かねてより気になる電子グッズを発見してしまいました。

その電子グッズとは「Raspberry Pi(ラズベリー パイ)」という、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータです。

実際のサイズは「85.60 mm × 56.5 mm」「約45g」となっており、このサイズにCPU、グラフィックチップ、メモリ、LANポート、USBポート、HDMI出力ポートなど、普通のコンピュータを動かすために必要な部品が全て凝縮されている、言わば機械好きな大人のオモチャという物です。

本機仕様では、稼働できるOSは「Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS」となっています。が、もうじき「Windows10」も稼働できるようになるようです。

こうなると、ハードウェア好きな私としては、気になって、気になって仕方がありません。

そして、私はこれを今年の夏休みの工作(本ブログの記事)とすべく、衝動買いをしてしまいました。

購入した機材は、とりあえずこんな感じになりました。

00_sozai

 

そして、「Raspberry Pi(ラズベリー パイ)」の本体がこちらです。本当に小さいです。

10_razuberi

 

取りあえず、暫定のセットアップ現場はこんな感じになりました。
※HDMI入力を有するリビングの32型テレビを使用するため、リビングを占拠させてもらいました。
(家族から冷たい視線を向けられながら・・・苦笑)

20_deck

40_aquos

 

幾つかハマりどころの罠を回避しセットアップ作業も、何とか無事に進み・・・・

 

とりあえず、Googleの画面を表示するところまで出来ました。(汗)

60_end

 

次回以降の記事で、「Raspberry Pi(ラズベリー パイ)」の収納ケースの作成報告や、本機の活用レポートを掲載したいと思います。

 

皆様も、ちょっとした電子工作などいかがですか?
楽しいですよ!
!(^^)!