スポーツの秋してますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツの秋(とはいえ、もうすぐ冬ですが)ですね。

皆さん、仕事ばかりして食欲の秋だけで終わってたりしませんか?
(苦笑)

私事ですが、ここ2年間あるスポーツにハマっています。

それは「ビリヤード」になります。

sports_billiard_pool

ここ最近は、中古(¥3,000円程度で入手)のマイキューを買い、自宅で素振りの練習をし、毎週プールバー(ビリヤード場)に通い3時間程度ですが心地良い汗を掻いています。

そのマイキューですが、度重なる練習の成果があったのか先頭のタップという部品が削れて調子が悪くなりました。

そして先日、ビリヤードショップに、この中古のマイキューのタップ修理をお願いに行きました。

行った先のビリヤードショップのご店主に、私のマイキューの見立てをしてもらったところ「中国やタイで作られたタイキューと呼ばれる部類の安いキューですね。そこらのハウスキュー(プールバーに常備している貸出用のキュー)と同等品です。本格的に練習するなら良いキューを買うべきです。」と言われ・・・実際に良いキューを触らせてもらったら「全然、違うわぁ〜〜。これ欲しい〜〜〜!使ってみたい〜〜!」となり、急遽ですが計画外の出費をして”良いキュー(ブランドキュー)”を買ってしまいました。(かなり、フトコロが痛い金額でした。が、手触り、重量感、質感の魅力に負けてしまい衝動買いしてしまいました)

biliyard

<写真説明>
写真の2本のキューが私のマイキューです。片方がお高いブランドキュー、もう片方はお安いタイキューです。今後、タイキューはブレイクショット専用キューとして使用することにしました。

そして、購入してすぐにプールバーに直行して、早速の試し撞きをしてきました。

「違うわぁ〜〜。道具が良いと、結果も違うんだぁ。凄くいいわぁ」と心の中で、独り言を連発しながら、あっという間に3時間もボールを撞いていました。(本当に結果が良すぎて、面白い時間を過ごしました)

私の父から良く言われる言葉になりますが「道具は良いものを使え。少々高くても」。正に、その通りだなと改めて思いました。

これは我々の仕事にも当てはまりますね。

道具(高性能コンピュータ、高信頼電源環境、高速ネットワーク環境、高機能ソフトウェア、作業効率を高める高性能周辺機器 など)が良ければ、仕事もはかどり、運用の安定性も向上し、高機能なシステムを生み出したり、良いことづくめ・・・になるはずです。(理論的にですが)

ただ、これらの素敵な道具を全て調達したのでは会社のコストが増えすぎて大変なことになるはずです。

例えば、業務上の必要な場面では「安物買いの銭失い」とならないよう「社長、ここは良い道具を買いましょう!」と進言していきたいところです。

逆に、安くても使用用途の見当がつかない場合、「社長、それは要りません。買うのは止めましょう!今は要りませんから!」とも進言していきますよ。

スポーツの秋(重ねますが・・ほぼ、もうすぐ冬ですが)。
仕事ばかりに没頭しないで、ビリヤードをしてみませんか?

 

さっ!、近日中に「トランスソフト非公認のビリヤード部」を結成しますかね・・・!
(ビリヤード・クラブ・・略して、ビリーブということで当社を信じて! なんちゃって。)